知っておきたい!バイト面接についての基礎知識

面接の電話をかけるときのポイント

バイト面接の電話をするときは、まず電話をする前に、自分の働ける時間や曜日などの条件や、質問などを考えておくと良いでしょう。面接の電話をすると、応募先の担当者から基本的な条件を尋ねられることが多いので、あらかじめ自分の条件を考えておくと、やりとりがスムーズになります。そして電話を掛けるときは、元気よくハッキリとした口調をこころがけ、「自分の名前」と、面接を受けたいという「要件」、そして「担当者への取次ぎ」を伝えます。電話を掛ける時間は、忙しい時間帯(職種によって変わる)を避けるのがマナーです。

面接でよく聞かれる質問とは

面接では、ある程度、質問される内容が決まっているので、あらかじめその質問への答えを用意しておくとよいでしょう。よく質問される内容としては、志望動機や、以前やっていた仕事のことなどが挙げられます。「志望動機」については、その仕事に興味があることや、経験を活かせるといった答えで問題ありません。そして「以前やっていた仕事」については、なぜ辞めたのかと質問されることも多いので、やる気がないと思われるような答えは避けるようにしましょう。

服装や身だしなみについて

バイト面接のときの服装については、スーツを着る必要はありませんが、「清潔感のある服装」をこころがけるようにしましょう。また一般的には、派手な服やブカブカの服、そして丈の短いスカートなどは避けたほうがよいと言えますが、アパレル関係の職場などでは、ファッションを重視した服装のほうがよい場合もあります。そのほかの身だしなみについては、寝癖や無精ヒゲ、そしてフケがないかどうかなどをチェックします。また女性の場合は、派手なメイクやピアスは避けたほうがよいでしょう。

高時給のバイトは人気が高く、すぐに応募人数に達する傾向があります。その一方で免許の所有や勤務経験などが必要になるケースもあるので、常に求人情報を確認することが業務に従事するための心得です。