保育士の資格を取るならやっぱり養成校に通うのがお勧めです!

保育士の養成校とは!?

保育士の免許を取るためには二つの方法があります。一つ目は、国家試験を受け、保育士試験に合格することです。二つ目は、厚生労働大臣が指定する保育士養成学校に通うことです。国家試験を受け保育士免許を取得するためには、独学でおこなわなければならず、かなり大変になってきます。ですので、やはり学校に通うほうが、保育士になりやすいといえます。というのも保育士養成学校に通えば、国家試験を受けずとも、卒業するときに自動的に資格をもらえるからです。

保育士養成校のメリットとは

保育士養成校には様々な種類があり、四年生大学、短期大学、専門学校、その他保育大学校といった施設などがあります。また、社会人のための夜間部を設けている学校も数多くあります。学校に通った場合、指定の単位を取得すれば免許がもらえること、同時に幼稚園の免許も取得することができること、カリキュラムの中には実習も含まれているので、より実践的な内容を学べることなどがあります。そして、卒業後の就職先も学校側が紹介してくれるなど、就職に有利であることがあります。

保育士養成校のデメリットとは

保育士養成学校に通うメリットは非常にたくさんありますが、もちろんデメリットもあります。というのも、学校に通った場合、資格取得に最低でも2年から4年かかってしまうことです。時間的余裕がある方にはむいているといえますが、やはり忙しくてそんな時間がないという方にはデメリットになってしまいます。また学校に通うとなると年間100万ほどの高額な学費がかかってきますので、金銭的余裕のない方にはやはり難しくなるかもしれません。

保育園の求人の上手な探し方は、ひとつのことに囚われず、色々な面から見て総合評価の良いところを探すことです。