幻の裏バイト!?治験ボランティアとは??

治験ボランティアとは一体?

皆さんも裏バイトや高額バイト情報などで治験ボランティアというのを聞いた方もいるのではないでしょうか?まず参加を考えている方は治験とはいったいどういうものなのか知っておく必要があります。治験とは新薬やジェネリック薬品が一般の病院などに認可される前に、ボランティアの人に試してもらい、そこで最終的にその薬が大丈夫かどうかを判断する試験です。なので、正式には参加する人はバイトではなく、あくまでもボランティアであり、渡されるお金も給料ではなくボランティアの報酬という形になります。そこでは治験の協力者に通院や入院をしてもらういます。そこで新薬などを投与し、採血や診察によってその薬などが安全かどうかを判断します。また、診察以外の間はベットや病院内で過ごすことになり基本的に空いた時間は自由に過ごすことができるなど、一見とても楽そうです。

報酬額はどれくらいなの?

治験ボランティアは各地方の病院などで実施されており、試験も健康食品やシップ、錠剤など様々です。そして気になる報酬額も2泊3日を数回などの比較的少ない期間の治験から一か月やそれ以上かかる長期の治験によって報酬は変わってきます。しかし、短い2泊3日などでも5万円を超えるとこや、長期などは20万~50万円するとこなどもあります。報酬金額は事前に提示されるのでチェックしておきましょう。以上の話だけだとほとんど自由に過ごせて、報酬がもらえるとても「おいしい?」に聞こえますね。

参加したいけど危険では?

治験は報酬額も高く、ある程度は自由ですがそれでもまだ人が足りていないのが現状です。もちろんまとまった休みを取れる人がいないのも事実ですがやはり、危険だと感じて募集をはばかる人が多いのではないでしょうか。では、実際に治験は危険なのでしょうか。まず治験は参加する前に事前検診と問診票があり、その薬の条件によっては参加できない人もいます。例えば、過去に病気歴がある人やその薬に適していないと判断された場合は事前に断られますこともあります。なので参加ができる時点では病院に大丈夫であると判断されていることであり、薬も最終段階として試験されるのでなにか異常が起きるとそこまで不安になる必要もありません。しかし、薬である以上、リスクはゼロではありませんし、事前の説明で副作用などの説明は行われるのであくまでも自己責任で判断しなければなりません。しかし、新薬を待つ人たちにとっては非常に貢献性のあるボランティアですし、空いた時間を資格勉強やゲームなど好きに有効活用することもできちゃいます!もし、空いた時間があって、健康に自信のある人は一度説明会に足を運んではいかがでしょうか?

販売の求人は洋服店などもありますし、いろいろなジャンルのものがあります。販売ですのでお客様と触れ合うのですから、接客対応が重要になってきます。